© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
最新記事
Please reload

2018/05/11

不動産を購入する際に、多くの場合不動産業者が仲介します。

しかし、近所、親戚同士の場合、不動産業者を間にいれず売買を行うことがあります。

この時、不動産業者が明らかに・確実にする点について曖昧なままに、信頼の上進めることになります。

①その不動産に抵当権などの担保や差押えが入っていないか(消えているか)

②確実に所有権移転登記できるか。

③農地の場合、許認可を用意しているか。

④税務上のアドバイス

⑤境界線

よくあるのが、購入代金だけ支払いをしたまま、不動産の名義変更を済ませていない場合です。

個人間で不動産の売買を進める際はそういった点について注意が必要です。

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square